ヴェーダ / Veda

「知識」を意味するサンスクリット語です。広く「科学」の意味も含まれます。
一般的にはインド最古の宗教文献を指すことが多いようですが、本来は 「宇宙の根源的な知性」 を顕し、インド哲学として体系立てられています(なかでも六派哲学は名高く、ご存知の方も多いと思います)。

その叡智は、日本においても各大学のインド哲学科やインド哲学研究室等にて教授、研究されており、1990年代頃よりは、 ‘アーユルヴェーダ’ は健康・美容関連として、 ‘ジョーティシュ’ はインド占星学(星占い)として、数多くの女性誌等に取り上げられ、広く知られるようになりました。

ヴェーダ環境建築学 ‘ヴァーストゥ(インド風水)’ に関しては、マイクロソフト・アマゾン・ボーイング等アメリカのファースト企業が一部の社屋の設計に取り入れた、との情報や、大手自動車メーカー スズキのインドの子会社の業績が急速に回復し躍進を続けているのは、工場の問題解決に ‘ヴァーストゥ’ を取り入れたためであろう、というような情報等をインターネット上で見かけます(各企業の公式情報は見かけたことはなく、真偽の程は定かではありません)。また、インドの名門インド工科大学カラグプル校では、2017年8月より ‘ヴァーストゥ’ をカリキュラムに取り入れている、との記事もありました。

全てのヒマラヤハウスブランド と ヒマラヤハウスの創造活動は、純粋な知性 ‘ヴェーダ’ の恩恵により顕れております。